乾燥肌は水分を保持する機能が低下している

乾燥肌を改善するためには、肌にたっぷりとうるおいを与えてあげることが必要ですが、残念ながらこれだけでは乾燥した状態のままになってしまいます。

 

乾燥肌は水分を保持する機能が低下しているため、どんなにうるおい与えても、それを内部に閉じ込めることが出来ないのです。

 

そのため、水分はどんどん蒸散してしまい、改善するのが難しいのですね。

 

乾燥肌にまず必要なのは水分ではなく保湿になります。

 

保湿というのは、水分を肌にキープさせることなので、この効果に特化した成分を取り入れていかなくてはいけません。

 

保湿成分にもいろいろな種類がありますが、一番重要になるのは角質層です。

 

これは皮膚のすぐ下にある層で、この部分が肌のバリア機能を保って、外部の刺激から守ったり内部の水分が蒸発しないようにする重要な働きをしています。

 

角質層は、角質細胞とその周りを取り囲むように存在する角質細胞間脂質から構成されていて、この中に含まれる保湿成分が水分をしっかりと保持することで、肌のうるおいが保たれています。

 

その保湿成分というのが、天然保湿因子であるNMFとセラミドというものです。

 

乾燥肌の場合は、これらの角質細胞間脂質の保湿成分が不足しており、保湿をする場合はこの成分が配合されている化粧水を使用するのが効果的です。

 

表皮の真下にある角質層には化粧品の成分が浸透しやすいので、コラーゲンやヒアルロン酸などを補給するよりも肌に馴染んで、きちんと保湿をすることが出来ます。

保湿ケアをするタイミングは、入浴後がベスト

保湿ケアをするタイミングは、入浴後がベストです。

 

入浴をすると汗がたくさん出るので毛穴の中まで綺麗な状態になると同時に、一番肌が無防備な状態になっています。

 

この場合、より水分が出て行ってしまうので、すぐに保湿ケアを行うと、より効率よく浸透させると共に肌を守ることが出来ます。

 

また、乾燥肌だと乳液のような油分が入った化粧品は馴染みにくいため、使わないという方も多いようですが、油分で蓋をしないと保湿成分が定着せずまた乾燥につながるので、化粧水の後は乳液でしっかりケアしてください。

 

 

 

 

角質層にうるおい感をもたらす乾燥肌の保湿方法おすすめサイト


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?


角質層にうるおい感をもたらす乾燥肌の保湿方法 リンク集

角質層にうるおい感をもたらす乾燥肌の保湿方法に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |