乾燥肌は肌が水分を保持できない状態

乾燥肌は肌が水分を保持できない状態になっているので、まず保湿をしなくてはいけません。

 

肌の水分をとどめて、みずみずしくうるおった肌にするためには、保湿成分が必須です。

 

ただ、保湿成分と一口に言っても色々な種類があり、それぞれに必要な働きをして肌を潤しています。

 

肌を完全にうるおった状態にするためには、どの保湿成分も取り入れていく必要がありますが、肌は排泄器官の働きを持っているため、与えすぎても結局は浸透しません。

 

それよりも、ピンポイントで補給して、少しずつ状態を改善していく方が効率の良いスキンケアになります。

 

保湿機能は、角質層と真皮層にありますが、真皮層は肌の一番奥になるため成分が浸透しにくいですし、肌のすぐ下にある角質層の保湿ができていないと意味がありません。

 

ですので、まずは肌の水分が大切な角質層の保湿を行っていきましょう。

角質層をしっかりスキンケアできる成分は?

肌の水分に不可欠な角質層にはセラミドと天然保湿因子が保湿成分として存在しています。

 

セラミドは、角質細胞を結びつけるという働きの他に、細胞の隙間を埋めるという角質細胞間脂質という役割を持っています。

 

他にもコレステロールやコレステロールエステルなどがありますが、セラミドは約40%を占めている重要な保湿成分で、持続的に水分を保持出来る高い保湿力を持っています。

 

天然保湿因子は、角質細胞の中で保湿をする成分になります。

 

アミノ酸や尿素などで構成されていますが、特に尿素は水分を引き寄せて皮脂と混ざり合って皮脂膜を形成するので、保湿にとって一番重要な働きをしています。

 

天然保湿因子自体はセラミドほど強力な保湿効果はないのですが、尿素のように大切な働きをする成分が含まれているので、これもしっかり補給してあげましょう。

 

もちろん、メジャーなヒアルロン酸やコラーゲンも必要ですが、乾燥肌には表面の保湿機能を回復させることが最優先になります。

 

保湿を強化してバリア機能が正常化されれば、乾燥も改善されていくので、セラミドや天然保湿因子がたっぷり配合されている化粧品でケアをしていきましょう。

 

 

 

乾燥肌にはどのような成分が良いの?おすすめサイト


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?


乾燥肌にはどのような成分が良いの? リンク集

乾燥肌にはどのような成分が良いの?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |