入浴後は非常に乾燥しやすい

乾燥肌で冷えも感じている事はありませんか?

 

浴槽で入浴する際は、入浴後は非常に乾燥しやすいので、入浴の際でじっくり体の中まで温めることが大切です。体を芯から温めて冷え性を改善するにも、毛穴の汚れまでしっかり排出させるためにも、きちんとお風呂に浸かるというのはとても大切なことです。

 

毎日シャワーを浴びているだけでは、体の表面しか温まりませんし、ターンオーバーが低下していたら角質や毛穴の汚れも落とせません。 ですから、体の健康のためにも美容のためにも、毎日しっかり入浴するのはとても高い効果があります。 ただし、入浴には美容効果がある反面、肌の乾燥を招くということもあります。

 

体が芯から温まるのはとても良いことなのですが、お湯から出ると空気との温度差によって水分が一気に蒸発していってしまうのです。 あるデータでは、お風呂から出て30分経つと、過乾燥が引き起こされるということが分かっています。

 

また入浴後だけではなく、入浴中も要注意です。 お湯に浸かっていると体が温まって毛穴が開くため、汚れも出ていきますが、同時に角質が膨張してしまい天然保湿因子などが角質層から流れ出てしまいます。

 

せっかく美肌になるために入浴しているのに、肌が乾燥してしまってはその効果も半減しますし、ましてや乾燥肌の方ならさらに状態が悪化してしまうこともあります。

美容効果だけを高める入浴方法

こういったことを防いで、美容効果だけを高める入浴方法は、まず入浴剤を使うということです。

 

お湯には塩素も含まれているため、余計に肌が乾燥しやすくなります。

 

入浴剤は保湿成分が配合されているものや、オイル系のものを使うといいでしょう。

 

保湿効果がある入浴剤は全身をクリームで覆うのと同じ効果があり、水分が出てしまうのを防ぐことができます。

 

もう一つは、入浴を長時間入らない事と、お湯の温度を上げすぎないということです。

 

乾燥肌の場合はバリア機能が低下しているため、10分以上入っていると、その後は体から水分がどんどん出て行ってしまいます。

 

また、40度ぐらいの熱いお湯に入ると、その分空気との温度差が開いてしまうため、乾燥しやすくなってしまいます。

 

長風呂が好きという方には辛いかもしれませんし、熱いお湯に浸かるのは気持ち良いものですが、乾燥には大ダメージなので気をつけましょう。

 

 

 

乾燥肌をこれ以上悪化させない入浴方法は?おすすめサイト


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?


乾燥肌をこれ以上悪化させない入浴方法は? リンク集

乾燥肌をこれ以上悪化させない入浴方法は?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |