入りサイトマップ

内服薬を活用した薄毛治療など

内服薬

有効成分がフィナステリドの医薬品は薄毛の改善に良く使われています。

 

男性の場合には薄毛になる場所というのが限定的でも広範囲です。

 

薄毛になっていく場合にはまずは範囲が狭い傾向にありますが、最終的には全体的に側頭部や後頭部を除く部分が薄くなってしまいます。

 

薄くなる中で全体的に髪が細くなってしまい地肌がより見えてしまいやすい状態や生え際みたいに産毛も見つからないような状態になりながら徐々に後退していくという形もあります。

 

しかし最終的には薄毛というのはみなある意味同じような状態にもなりやすいです。

 

薄毛治療

人によっては薄毛の進行が遅い場合もあるので、完全にハゲあがってしまうということもないかもしれません。

 

5αリダクターゼと呼ばれる酵素がテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに影響を与えることでAGAに繋がりますが、フィナステリドなどの成分が5αリダクターゼの働きをブロックします。ですので、髪の成長がしやすい状態に戻すという面があります。

 

またミノキシジルは髪の成長を促進する作用がより強いので、ホルモンの影響を受けながら発毛を促進するよりはより効率的でしょう。

 

大量に食事をしながら大量にエネルギーを消費するより効率的であると同じような事が伺えるかもしれません。

 

今では5αリダクターゼには1型と2型があると知られています。

 

フィナステリドは主に2型の5αリダクターゼを阻害するのに役に立ちますが、1型の場合には効果が期待できません。

 

1型と2型の両方に効果があるとされているのがデュダステリドを主成分とした医薬品が該当します。

 

なので、デュダステリドの方が今後は主流になっていくのではないかな?と個人的には思います。

内服薬を活用した薄毛治療の方法など おすすめ記事

薄毛


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |