サイトマップ

毛穴の中の皮脂が酸化した黒ニキビの特徴

黒ニキビ

黒ニキビの事を解放面皰と呼ばれることがあります。白ニキビの事を閉鎖面皰と呼んでいるだけに逆のような言葉になってしまっていますが、閉鎖してしまった毛穴が解放されている状態で酸素など固まって毛穴の中に溜まった皮脂が酸素に触れて酸化してしまった状態の事を言います。

 

皮脂は酸化してしまうと黒くなってしまう場合が多いようです。リンゴでいうと通常の状態で外に置いておくと柔らかくなってしまいますが、ニキビの場合には、毛穴の中で皮脂が溜まった状態だとそのまま硬くなるため外に排出しにくくなります。

 

そのご同じような状態で置かれているため毛穴にも容量があるため皮脂が外に固まったまま出てきてそのまま酸化してしまう状態です。そうすることで外から見た状態だと黒く見えるといった状態になります。

 

黒ニキビの場合には炎症など起きていないため痛みがありませんが、黒ニキビの状態はアクネ菌にとって非常においしいご飯になりますからいつでも炎症が起きやすい状態です。普段のスキンケアでも硬くなった角質に加えて硬くなった皮脂のケアを踏まえてピーリングなど行っていくのも炎症が起きる前のスキンケアには効果的なのかもしれませんね。

 

炎症が起きる前なのでスキンケアも肌に刺激がないケアをしていきたいところですが、ピーリングでは洗顔料の石鹸でもあり、フルーツ酸の配合量を抑えた石鹸もあるため刺激が少ないタイプの石鹸で洗顔していくというのも肌の角化を抑えるのにも効果的です。

 

皮脂が分泌しやすい状態というのを改善するための肌の乾燥というのを防ぐにも効果的です。できれば炎症が起きてしまう赤ニキビの黒ニキビの段階でニキビを改善していきたいものです。

 

ニキビは赤ニキビまで行ってしまうとやはり膿がたまりやすい影響からかニキビ汁が飛びやすいですよね。白ニキビや黒ニキビの場合にはまだニキビ汁と呼ばれる膿が出ないわけなのでその辺までにニキビにならないようにしてしまいたいです。

 

一般的に黒ニキビというとニキビにならないように予防するという感じになりやすいですよね。赤くなってからがニキビみたいな・・。やっぱり黄色ニキビや紫色したニキビにはならないようにできるだけニキビ汁の量を防いでいきたい今日この頃です。


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?