サイトマップ

ストレスに対応しようという適応力

ストレス

そういった面で身体にはストレスに適応するという事もあります。例えば外国とか言った時に言葉が通じなくても身振り手振りでジェスチャーすることを自然に行ったりしようとすることでその場で適応しようとします。

 

わざわざ英会話教室に1時間予約入れてから再度出直しというのはしませんよね。また北極とか急に言った場合にも突然気候が変わってしまいストレスになりますが、徐々に適応しようとします。

 

かけはなれれば離れるほど生命の危険というのが伴いますが、常識的な範囲内であれば体は適応しようとします。ストレスを受けた際には過剰に受けすぎた場合には良くないとされています。

 

脳の視床下部というところに影響を与えるといわれており、ストレス自体がホルモンバランスを崩すといわれているのも視床下部はエストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる知名度も高い女性ホルモンの分泌などかかわっている器官だからです。

 

ストレスを受けることでニキビと関係する肌の状態も脂性に傾いていくといわれています。脂性も潤っている感じではありますが、実際には肌の水分量が少ない状態で、乾燥肌なんだけど肌の表面はオイリーという状態なんだそうです。

 

肌の表面がオイリーになるという点でストレスはやはり関係してきそうです。たまたまですが、私の友人でせっかちの人は結構オイリーであることが多いと思ったのですが、実際に科学的にはどうなのでしょうか?

 

脂性という面でストレスに関係してくる面ですが、オイリー肌には肝臓の機能とも関係があります。このように脳の状態なので、すべて脳がコントロールしているめんがあり脳に影響を与えるストレスはニキビや脂性肌といった面以外に非常に多くの面で影響を受けてしまう事がありますよね。

 

ただ悪い面ばかりではなく良い面もあるので、ストレスというのをもう少し理解したいところです。


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?