肌トラブルを起こす原因

ターンオーバーの低下や洗顔不足などによって、肌に古い角質が残ってしまうとくすみやシミが引き起こされたり、ニキビなどの肌トラブルが起きてしまいます。

 

肌の健康や美しさというのは、肌細胞が基底層で生成され、それが表皮にまで押し上げられて古い角質が剥がれ落ち、新しい肌細胞と入れ替わることで保たれます。

 

新しい肌細胞で覆われた肌は、キメも整い、水分もしっかり保持しているので外部の刺激から肌を守ってくれます。

 

これがターンオーバーですが、このサイクルが乱れると紫外線などにさらされてダメージを受けた角質がそのまま表皮に留まってしまいます。

 

古くなった角質は色が退化して、メラニンなども含まれているので、肌がくすんだりシミとなってしまうのです。

 

また、毛穴の近くにある角質は皮脂と混ざり合います。

 

これが毛穴を塞いだり、詰まったりすると角栓になってしまうため、毛穴から分泌される皮脂が出口を失います。

 

そのためニキビや吹き出物のような肌トラブルを起こす原因にもなります。

 

さらに角質がどんどん溜まっていくと、角質肥厚という状態が引き起こされます。

 

古い角質が溜まると肌にあらゆる悪影響を与える

見た目にはあまり分からないのですが、肌がごわついたり、ファンデーションが綺麗に乗らなかったりするのは、ほとんど角質肥厚が原因です。

 

このように、古い角質が溜まると肌にあらゆる悪影響を与えるので、角質ケアで取らなくてはいけません。

 

古くなった角質は普通の洗顔では落とせないので、フルーツ酸などを利用したケミカルピーリングか酵素洗顔料を使うのが一般的な方法になります。

 

ケミカルピーリングは酸によって溶かし、古い角質を剥がしていくという方法で、表皮全体の新陳代謝を活性化してくれます。

 

酵素洗顔料では酵素の力で角質を構成するタンパク質を分解し、洗浄成分で洗い流すという方法です。

 

どちらも肌に負担が少ないので、週に1回から2回ぐらい肌の状態に合わせて角質ケアを行えば、美しく健康な肌を保つことができます。

 

 

肌の古い角質を取って乾燥肌を解消?おすすめサイト


乾燥性敏感肌のエイジングケア化粧品で人気なセラミド配合で低刺激なコスメは?


肌の古い角質を取って乾燥肌を解消? リンク集

肌の古い角質を取って乾燥肌を解消?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |