サイトマップ | アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある?

アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある?

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーといっても色々な種類があります。アミノ酸系洗浄成分という場合には、1種類だけではありません。

 

アミノ酸系洗浄成分には色々な洗浄成分が使われています。

 

以前はサルコシンと呼ばれるサッパリ系のアミノ酸系洗浄成分などもよく使われていましたが現在ではほとんど見かけなくなりました。

 

ヘアケア系ではグルタミン酸系が今でもよく使われています。

 

非常にシットリという印象が強いタイプです。

 

アミノ酸系

アラニン系などもよく使われていますが、男性向けのスカルプ系シャンプーではグルタミン酸系よりもアラニン系のタイプが比較的多いと思います。

 

また以前はグリシン系と呼ばれるタイプはあまり使われていませんでしたが、刺激が強くなくサッパリ感があるので、男性向けの製品に使われだしているように思います。

 

男性向けと女性向けと言ってもやはり皮脂量が多かったり少なかったり、頭皮の水分量などを考えた場合など違いが出てきています。

 

以前はシットリベースだけどメントールなどが入ってサッパリ感が出ているタイプなどもありましたが、今ではあくまでも使用感を出来るだけさっぱり傾向を少しでも出そうとしている様子がうかがえます。

 

比較的に価格も抑えられたアミノ酸系シャンプーも増えてきているので、お求めやすくなっていますね。

アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある?1 関連記事


乾燥性敏感肌エイジングケア化粧品のセラミド配合で低刺激コスメ | アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある?

▲アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある? 上へ戻る


アミノ酸系シャンプーの中にも色々な種類がある? ページの先頭に戻る